25THイベント!! ワークショップレポート

25THイベント!! ワークショップレポート

25THイベント!! ワークショップレポート

SHIPS KIDS

今年25周年を迎えるSHIPS KIDS。これを記念して、楽しいワークショップが企画されました☆ 今回行われた、伊勢丹新宿店と玉川高島屋の2つのワークショップの様子をお届けするので、目をキラキラさせた子どもたちの表情と色とりどりな手作りアイテムの出来栄えにご注目ください。

3月12日(水)~3月18日(火)まで、伊勢丹新宿にて期間限定で開かれたPOP UP SHOP!! 普段よりも豊富なラインナップにくわえ、メンズ商品も合わせて展開していたことからたくさんのお客さまに足を運んでいただきました。

POP UP SHOPの期間中の3月15日(土)&16日(日)には、当日お買い上げいただいたお客さまを対象にワークショップが開催! オリジナルのペンケース作りに参加してもらいました。25周年限定スタンプをはじめとする、アルファベットスタンプや数字スタンプを使ってオリジナリティ溢れるペンケースがたくさん出来あがりました☆ 自分の名前のアルファベットが分かる子もまだ分からない子も、楽しいお勉強感覚で夢中になって自分だけのペンケースを作っていました。

年2回、春と秋に開催される体験型イベント「ワークショップウィークス」。各ショップが趣向を凝らした、多彩なワークショップがいつも展開されています。デジタルな時代に“体験する”大切さを感じるプログラムとして、つくる、学ぶ、楽しむ、遊ぶ、味わう、きれになる……など、さまざまなジャンルの講座が80以上も!

春のワークショップウィークスのラストを飾るのが『SHIPS×mammoth school 船のランチマットを作ろう』。南館B1Fにショップをかまえる「SHIPS KIDS」と「mammoth school」が企画したワークショップは、親子でペアになってフェルトやハギレを材料に、好きな色や形を選んで船のランチマットを作ろう! というもの。子どもたちが一生懸命作ったランチマットには、キュートな遊びゴコロと個性がたっぷりとつまっています。

クリエーター・アーティストとして活動するアーティストデザイナー 田中千絵さん
ご自身も7歳と11歳のお子さんを持つ2児の母。やさしい笑顔が魅力的!

受付を済ませたら、参加者の子どもたちにはスカーフが配られます。みんなそのスカーフを肩に巻き、SHIPSという船の乗組員なります!これで船をテーマにしたランチマットを作る準備は万端! そしてまずは、田中先生が分かりやすくレクチャー! そのあとに子どもたちが自由に素材を選びます。

ランチマットを作る素材として用意されているのは、ビーズ・スパンコール・リボン・ハギレ、そして先生が作ってくれた海の生き物たちを模ったフェルトなど盛り沢山。フェルトの裏には両面テープが貼ってあるので土台にはるだけでOK! もちろん小学生の子どもたちならフェルトを好きな形に着ることもできます。また、ハギレはSHIPS KIDSのお洋服を作るときにでてきたもの。もしかしたら自分の持っているお洋服と同じ柄があるかも!? なんてサプライズ感もお楽しみのひとつ☆

どんな素材を使って、どんな風にデザインするかは自由! みんな真剣なまなざしで自分がイメージする海や船作り。土台の上にフェルトやリボンを置いてはチェンジする……を繰り返し、オリジナルのランチマットを作っていきます。それぞれがイメージする“海や船”とは!?

色とりどりな世界観☆ 自分だけの世界がつまった、たったひとつのランチマット。この上でごはんを食べれば、いつもよりも食欲がわいてきて、楽しさもいっぱい。ごはんがよりおいしく感じられる……このランチマットにはそんなパワーも秘められているのです。

できあがったランチマットを持って、記念撮影をパチリ☆ みんなうれしそう! このワークショップは2回行われ、全部で23組の親子が参加してくれました。ご参加頂き、ありがとうございました!!