春野菜のおいしいレシピと、 マーケットに持っていきたいVegieBAG

春野菜のおいしいレシピと、 マーケットに持っていきたいVegieBAG

春は野菜がおいしい季節。晴れた休日にはファーマーズマーケットに出かけて、気になる野菜を見繕いながらゆっくりと“旬”を感じたいもの。そこで今回は、マクロビをテーマにしたカフェやワークショップを運営する『Cafe and MACROBI』の塚本 紗代子さんに、春野菜の基礎知識とおいしい食べかたを教えていただきました。お手軽&ヘルシーな“もう1品”レシピで、いつものおうちごはんを旬にアップデートしませんか?

青汁の原料としても知られるケール。アブラナ科の野菜で、キャベツの原種と言われています。キャベツのように丸くならないのは、非結球性葉菜類という種類に分類されるため。

ケールのすごいパワー

ビタミン類やミネラルをバランスよく豊富に含む、栄養価がとても高い野菜。特に、抗酸化力の強いβカロテン・ビタミンC・ビタミンEが豊富で、動脈硬化や心筋梗塞の予防、老化の予防などに効果があると言われています。そのほか、熟睡に効くとされるメラトニン、目にやさしいルテインなども含まれています。

保存のしかた

購入時に野菜が入っている袋(ボードンパック)に入れたまま、冷蔵庫で保存します。適度な湿度と通気性のあるボードンパックは、どんな野菜の保存にもぴったり! 新聞紙に包んで保存すると、水分が飛んでしんなりしてしまいます。

おいしい食べかた

地中海東部が原産とされるユリ科の植物。普段私たちが食べているのは、地上に伸びてくる新芽の茎の部分。種を植えてから収穫できるようになるまでには2~3年かかりますが、その後は同じ株で10年くらい芽が出続けます。

アスパラのすごいパワー

アスパラに含まれるアミノ酸の一種・アスパラギン酸が、新陳代謝を促して疲労回復やスタミナ増強をサポート。利尿作用により、腎臓や肝臓の機能回復にも効果があると言われています。また、それほど量は多くないものの、ビタミン類やカリウムを含んでおり、茹でても栄養成分がほとんど流れ出ないのが特徴です。

保存のしかた

ボードンパックに入れたまま、立てた状態にして冷蔵庫で保存します。

おいしい食べかた

アブラナ科アブラナ属の植物の総称。食用としてお店に並んでいる「菜の花」は、基本的にアブラナ科アブラナ属の花芽のことを指し、品種はさまざまです。同じ仲間の中には菜種油を採るための品種もあります。

菜の花のすごいパワー

抗酸化力の強いβカロテンがたっぷり。さらに、カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄など、骨を生成し丈夫にしてくれるミネラルも豊富です。

保存のしかた

ボードンパックに入れたまま、冷蔵庫で保存します。

おいしい食べかた

キャベツと同じアブラナ属の一種。原産地はベルギーで、日本には明治元年に伝わったと言われています。子持ち甘藍(コモチカンラン)、姫甘藍(ヒメカンラン)という別名も。

芽キャベツのすごいパワー

一般的なキャベツよりも栄養価が高い芽キャベツ。風邪予防、疲労回復、肌荒れ解消などに効果があるとされているビタミンCは、なんとキャベツの約4倍。出血時の血液を正常に固める作用や、丈夫な骨をつくる作用をもつビタミンKも、約2倍含まれています。また、胃薬でおなじみの「キャベジン」と呼ばれるビタミンUも豊富。胃や十二指腸にできる潰瘍の予防や治療に役立つと言われています。

保存のしかた

洗わずに茎から外し、袋に入れて冷蔵庫で保存します。

おいしい食べかた

独特の香りがあるセリ科の植物。原産地はヨーロッパや中近東で、日本には江戸時代に持ち込まれたと言われています。

セロリのすごいパワー

体内のナトリウムを排出してくれるカリウムが豊富で、むくみ改善や高血圧予防に効果があるとされています。独特な香りは、アピオイルという精油成分や、アピインというポリフェノールの一種によるもの。イライラを鎮めて精神を安定させたいときにもおすすめの野菜です。

保存のしかた

葉と茎に分け、ボードンパックに入れて冷蔵庫で保存します。

おいしい食べかた

野菜がざくざく入る!
優秀ベジバッグ

マーケットで買った野菜をそのままざくざく入れられる、たっぷりのマチとサイドのポケットが便利なベジバッグ。常温保存OKの野菜は、ポケットに入れたまま立てた状態で保存できます。丈夫なキャンバス地と、中身をスマートに隠せるフラップつきで、普段使いしやすいのもうれしい。

ベジバッグ ¥3,500(+tax)/VegieBAG

野菜で染めた、ナチュラルな色合いのバッグ

『VegieBAG』が提案する新ライン『BOTANICAL DYE』は、野菜・果物の実や皮を使って染色したバッグシリーズ。玉ねぎやオリーブの自然な色合いがいつもの毎日になじみます。

ベジバッグ ¥4,800(+tax)/VegieBAG
ベジバッグ ¥6,800(+tax)/VegieBAG

『Cafe and MACROBI』
マネージャー/Natural Food Stylist
塚本 紗代子さん


学生時代に無理なダイエット法から摂食障害を経験し、食の正しい知識を得るために勉強していく中でマクロビオティックに出会う。現在は、野菜と穀物を中心とした料理に自然の摂理を取り入れた、“からだ想い”の新しい食事スタイルを提案中。日本の伝統的な食文化をカジュアルにスタイリッシュに表現し、食材本来の味を活かした料理を創っている。テーマは『人に寄り添い、自然と寄り添う』こと。SimpleでNaturalなライフスタイルを通して、“自分を楽しむ”=キレイ!を生み出すお手伝いをしたいと願っている。

Cafe and MACROBI

東京都渋谷区渋谷2-7-4 KSビルディング1F

ACCESS/表参道駅より徒歩3分

TEL/03-6805-1946

OPEN/11:00~17:00(L.O.16:30) CLOSE/祝日(不定休)