大人の女性たちから圧倒的な支持を誇る  ADAWASデザイナーが語るニットへのこだわり

大人の女性たちから圧倒的な支持を誇る
ADAWASデザイナーが語るニットへのこだわり

シンプルで着心地がよく、美しいシルエットで多くの女性たちを虜にしているADAWAS。別注品を筆頭に、今シーズンのアイテムを一堂に会したポップアップショップを目前に控え、今回特別にデザイナーの永田恵子さんからモノづくりに対するこだわりを伺いました。

ADAWAS(アダワス)

ニットに特化したブランドとして、海外での展開を経て、2011年FWシーズンより日本で本格的にスタート。「旅」をメインコンセプトとし、旅先から得たインスピレーションを毎回コレクションの中に表現している。素材の特性や風合いを大切にし、独自に糸を開発するなどして、他にはない素材感で作られた洋服は、本当に良いものを知る大人の女性から支持されている。

学生時代、ニットの持つ
可能性と魅力に惹かれました

― ニットに出会ったきっかけを教えてください。

永田私は服飾専門の学校を卒業した後、エスモード学院に入学したのですが、課題でニットをテーマに作品作りをしたのがきっかけでした。生地を割いて手編みをしてみたり、ゴムを編み込んでみたり、既製の糸以外のものから生まれる編地作りがとても楽しくて。就職活動のときもその時に作った作品を持って回っていたのがニット関連の会社に入るきっかけになりました。

— 実際に作品を作ってみて、ニットの魅力に気づいたんですね。どのようなところに魅力を感じましたか?

永田糸一本からいろいろな物を作ることができるのがニットの一番の魅力です。例えばコートのような大きなものから、手袋や帽子などの小物まで、本当にありとあらゆるものを作れるんですよね。柄も自由自在に作れますし、様々な素材をミックスすることでさらに可能性も広がります。

— ヤーンメーカーがオリジンということもあり、ADAWASのアイテムは素材にこだわっている印象があります。

永田ADAWASを着ていただくことで、日常を少しだけグレードアップすることができたらいいなと思って作っています。素材にこだわってモノづくりをしているので、必然とシンプルなデザインのものが多くなってきます。どんなふうにも着ていただけるような汎用性の広いアイテムも多いと思うので、幅広い世代の方に自由に楽しんで着ていただけたら嬉しいです。

— 素材へのこだわりを詳しく教えてください。

永田例えばこのアイボリーのニットですが、インレイ編み機の中でも日本に数台しかない希少なゲージの編み機で作られています。この編み機に合う糸がないので、オリジナルで糸を作っていただきました。是非一度このカーディガンを持ってみてください。大きさの割にびっくりするほど軽いのに驚かれると思います。編地の中が三層になっていて、中に通したポリエステルを膨らませることでボリュームを出し軽量化をはかりました。ブルーのニットも、英国で250年以上の歴史を持つ糸屋の糸を日本に引いて太ゲージにかけて作ったのですが、更にひと手間加えてリリーヤーン加工することでケバを出にくくしています。縫製段階で縫い代を断ち落とさないニットならではの成形編みで、糸や編地のカットロスもなく仕上げている見た目には分からないこだわりもあります。

― 糸をオリジナルで作るとは、ヤーンメーカーならではの強みですね。現在他に開発している素材などはありますか?

永田今年の猛暑もすごかったですが、今や一年のうち半分くらいは半袖で過ごしていますよね。なので、季節を感じながらもシーズンレスで着られるような素材を取り入れたいと思っています。オリジナルの糸や素材を思うままにリクエストできる環境にあることは恵まれているなと感じますね。

― 実際にプロダクトを作る際に、デザインからするのでしょうか?それとも素材から選んでいますか?

永田ほぼ同時進行です。ADAWASのデザイン以外にも、OEMというアパレルのデザイナー向けの展示会にも携わっている関係で、世界中の展示会で素材収集できる機会をいただいています。それらのノウハウがあるので、デザインをしているときに「あの素材使えそうだな」と思いながら。自分がしている仕事の過程のなかで、幅広い素材収集や情報を得るチャンスをうまく生かしている感じでしょうか。

― コンセプトの「旅」は、そういった世界の素材を使うことから決まったのですか?

永田ADAWASは当初、ニットに特化したブランドとして海外のみで展開していました。最初は「パリ」をテーマにその後はツイードをやりたくて「スコットランド」やブリティッシュテイストで「英国」をテーマにしたり…それを繰り返していくうちに、もっと世界中のいろいろなところからインスパイアされた旅をテーマに発信しようということになりました。

― 今シーズンのテーマは「アイルランド」でした。

永田実はテーマを先に決めてプロダクトを作ってから、アイルランドにたまたまいく機会に恵まれました。ドネガルツイードを作っているドニゴール地方へ行ったのですが、羊しかいないような自然にあふれた場所。聞いた話では、春になると緑一色の大地にもカラフルな花やコケが可愛らしく咲くらしく、一人の女性がそこからイメージして色出しをしていると伺い、その貴重な生産工程を見られたのです。今回は反映できなかったのですが、次はそんなこだわりの糸もコレクションに入れてみたいなとも思っています。

永田さんがアイルランドで撮った羊の集団の写真。「何かもらえるんじゃないかなと思って、こちらに向って近寄ってきたのだと思います(笑)」(永田さん)

― 次のコレクションが楽しみです! ありがとうございました。

SHIPSでしか買えない!別注アイテム

左右のエコファーの柄を変え、ニットで切り替えしたインパクトのあるジレ。去年すぐに完売してしまったモデルをデザインチェンジし、今シーズンはSHIPSのみで発売。「Tシャツに合わせるだけで早い時期から秋を楽しんでいただけます」(永田さん)

ジレ各 ¥30,000(+tax) / ADAWAS × SHIPSBUY

毎年定番として展開しているニットを、発色の良いオレンジカラーで別注。カシミヤブレンドの、上品かつ柔らかな着心地が魅力。「リピートしていただいているお客様がとても多いアイテムです」(永田さん)

タートルネック セーター ¥28,000(+tax) / ADAWAS × SHIPSBUY
Vネックセーター ¥22,000(+tax) / ADAWAS × SHIPSBUY
ニットワンピース各 ¥28,000(+tax) / ADAWAS × SHIPSBUY

10/11〜10/28の期間中、ADWASのポップアップショップを開催。上記別注商品に加え、ADAWASのアイテムを一堂に揃えたこの機会をお見逃しなく!

【開催店舗】
SHIPS 札幌店/ SHIPS 仙台店 / SHIPS 新潟店 / SHIPS 二子玉川店 / SHIPS 有楽町店 / SHIPS ウィング高輪 EAST店 / SHIPS アトレ恵比寿店 / SHIPS 柏店 / SHIPS 横浜店 / SHIPS 大宮店 / SHIPS 町田店 / SHIPS アトレ川崎店 / SHIPS たまプラーザ テラス店 / SHIPS テラスモール湘南店 / SHIPS 名古屋店 / SHIPS 新静岡セノバ店 / SHIPS 阿倍野店 / SHIPS なんばパークス店/ SHIPS グランフロント大阪店 / SHIPS 西宮ガーデンズ店/ SHIPS 金沢百番街Rinto店 / SHIPS 岡山店 / SHIPS 熊本店 / SHIPS アミュプラザ博多店 / SHIPS 福岡店 / SHIPS 札幌ステラプレイス WOMEN'S店 / SHIPS Decent Loom ルミネ新宿店 / SHIPS 大丸東京 WOMEN'S店/ SHIPS 名古屋ユニモール WOMEN'S店 / SHIPS ディアモール大阪 WOMEN'S店 / SHIPS 大丸神戸 WOMEN'S店/SHIPS 藤井大丸 WOMEN'S店

ポップアップ期間中、ADAWASのアイテムを購入されたお客様に先着で靴下をどちらか1足プレゼント。「凹凸感のある編み柄が特徴的なホールガーメントの靴下なのですが、秋冬はもちろん、見た目よりも厚さは感じられず夏でもさらっと履けます。ぜひ一年中楽しんでみてください」(永田さん)
(※数に限りがありますので、予めご了承下さい。)