AURALEE・デザイナー 岩井良太氏に聞く<br>「素材から生まれるウィメンズアイテムとは?」

AURALEE・デザイナー 岩井良太氏に聞く
「素材から生まれるウィメンズアイテムとは?」

“自分たちが本当に良いと思う素材を追求する”と言うコンセプトを掲げ、2015年春夏シーズンよりスタートした「AURALEE(オーラリー)」。SHIPS WOMENSでも早速、今シーズンから取り扱いが開始しました。布帛、ニット、カットソーなどさまざまな素材をもとにデザインされたウェアたちは、デザイナーである岩井さんのさまざまな想いが詰め込まれています。そこで前回に引き続き、インタビューを決行。今回はウィメンズアイテムについて、あれこれ聞いてみました。

――昨年、SSシーズンの立ち上がりからメンズとウィメンズで展開していますが、その辺りの反響はいかがですか?

岩井 そうですね、おかげさまで売り上げや取り扱い先の数などは、メンズ、ウィメンズで丁度半々というところですね。雑誌などで取りあげていただくのも元々メンズの方が多かったのですが、レディスも大分追いついてきました。とは言え、まだまだメンズだけのブランドだと思っている人も少なくないのは事実。展開している型数などでいえば、ウィメンズの方が多いくらいなんですけどね。

――岩井さんは男性ですが、女性のアイテムをデザインするにあたって苦労された点などはありましたか?

岩井 昔からウィメンズアイテムをやってみたいという気持ちはあったので“女性だったらこんな感じかな”なんて考えながらスタートしたんですが、はじめは製作スタッフも男性だけだったので、大変でした。今はプレスや営業の女性スタッフにも意見をもらうこともあります。時には手厳しく指摘されたりすることもありましたけど、そんなときでも僕が自信があるものは押し切って作ったりしています(笑)。

――以前のインタビューでは「素材とシルエットで勝負したい」とおっしゃっていましたが、そこはウィメンズでも同じですか?

岩井 はい、やっぱり素材一つひとつの特性だったり表情だったりを見ながら、アイテムのデザインを考えるので、そうなることが多いですね。もっと言うと原料(原綿や原毛)から紡績屋や機屋の方々と話し合って、どんな素材にして行くかを決めて行きます。そして素材が生まれたら、どんなアイテムにして行くかを考える。オリジナルの生地を使ってアイテムを作っているとロッド数などの関係上、メンズ、ウィメンズの両方を展開するのは必然でした。布帛、ニット、カットソーなど、それぞれを工場や現場の方々と作り上げているので、SSシーズンとAWシーズンそれぞれのアイテム製作に掛ける時間の半分以上は素材作りに当てている状態です。織物は自社でやっているんですけど、カットソーなら和歌山へ。ニットだったら東京の他に新潟や福島へ、僕が現地に直接出向いて現場で話している中で作っています。そんな風に原料から手掛けられる今の環境は贅沢だなと思っています。

――素材から作られたウィメンズアイテムですが、イメージソースになるものは岩井さんの中であったりするんでしょうか?

岩井 そうですね、まずは素材本来の雰囲気や表情をもとに考えるんですが、それ以外ではメンズの古着だったりワークウエアを参考にして、シルエットやディテールを考えたりすることもあります。

シャツ ¥24,000(+TAX)/AURALEE
パンツ ¥26,000(+TAX)/AURALEE

岩井 例えばこのセットアップのシャツは、ワークシャツからヒントを得て、それをウィメンズにシフトしました。でもただサイズダウンするのではなく、丈感をやや短くして、でも身頃の幅を大きくして、着た時には男性のワークシャツとひと味違う女性らしさが際立てばと思います。素材の話をすると、高密度なシャンブレーのオックス地を使っていて縦糸にネイビー、緯糸にはブルーとネイビーを交互に挿しているんです。そうすることで、ニュアンスのある色味に仕上がっています。これは原料もいいし、織り方にもこだわっているのでこんな紙のような質感になっています。

――パンツのシルエットもユニークですね。

岩井 これはもう純粋にラインの美しいものを作りたくって、膝下に向けてかなりテーパードしたスラックスになっています。カーキの他にベージュもあるんですが、上下の組み合わせを変えてきても面白いと思います。

――こちらのスカート、一見すると重厚なイメージがなんですが、手に持ってみるととても軽くて柔らかい。その辺は、岩井さんの素材のこだわりが効いているんでしょうか。

岩井 このスカートは原綿の段階から選んで、糸を別注して作ったものなんですが、エジプトの高級な超長綿・ギザコットンというものの中でも一番トップクラスのものを細番手に紡績してもらっています。その後、高密度に織り上げたあとに、叩いて洗ってあるので触れるとクタッとしていてどこかスウェードのような風合いに仕上がっているんです。

――ウィメンズアイテムを作るにあたり気を付けていること、また意識していることは?

岩井 そうですね、自分の好みとかも多少は入ってくると思うんですけど、どこか品が良くて上質に見えるということ。メンズライクであっても女性に着てもらう以上は色っぽさも兼ね備えたバランスを気を付けています。質がよく見えるというのは結構、重要ですね。でもやっぱり、メンズを考えるようにはなかなかうまくは行かなくって、いつも試行錯誤したり苦戦しながらウィメンズアイテムは作っています。

――女性の場合はトレンドなどもはっきりしていたりするかと思うんですが、その辺りはどう考えられますか?

岩井 トレンドに対しては、自分がいいなと思うものがあればバランスを見て取り入れますけど、好きでもないのに流行ってるからってだけで取り入れることはありません。男性だったら素材などでアプローチしたりすると効果的だったりするんですけど、女性はそういうことは二の次って人もいます。たくさんいいブランドがある中で、どうやって手に取ってもらえるかってことも考えて行かないとだめだと思っています。 

                      
スカート ¥30,000(+TAX)/AURALEE
ワンピース ¥36,000(+TAX)/AURALEE

――でも以前、言われていた通り、岩井さんが素材にこだわっていらっしゃるということはお洋服の佇まいなどで感じられる気がします。モデルさんが着ている写真でも、シルエットなどが美しく際立っていますし。

岩井 ありがとうございます。苦労して作り上げている分、ウィメンズのLOOK BOOK撮影で実際にアイテムを着用したところを見ると嬉しいもんですね(笑)。

――本日は貴重なお時間をありがとうございました。

photo

岩井良太 AURALEEデザイナー

これまでさまざまなブランドでパタンナーやデザイナーとして活躍し、2015年春夏より自身のブランド「AURALEE(オーラリー)」が始動。
http://auralee.jp/