結婚披露宴〜二次会までの服装術教えます 〜ドレス的に活用するジャケパン活用編〜

結婚披露宴〜二次会までの服装術教えます 〜ドレス的に活用するジャケパン活用編〜

結婚披露宴〜二次会までの服装術教えます〜ジャケパン活用編〜

結婚披露宴〜二次会までの服装術教えます
〜ドレス的に活用するジャケパン活用編〜

SHIPS MEN

恒例の結婚披露宴での服装術講座。今回は、よりトレンドを意識したインナーベストと何かと重宝するホワイトパンツを取り入れたジャケパンスタイルを提案します。披露宴でも二次会でも違和感がなく、軽さと清潔感そして動きやすさを兼ね備えたパーティスタイルというのがテーマです。かしこまり過ぎずに砕けすぎない装いにはバランスが大切。講師はこの道30年の渋谷店ベテランスタッフ五十嵐です。

モノトーンで統一感を出せば清潔感がアピールできる

ジャケパンでかつキルティングのインナーベストを取り入れたスタイルは、カジュアルでいてスポーティな印象を与えます。それゆえドレス感をプラスするなら、最重要なのは色使い。ホワイトパンツの清潔感を前面に押し出すべく、グレー、ブラック、ホワイトという3色に的を絞ってモノトーンでまとめるのが最もクレバーな選択です。色数を押さえたモノトーンならそれだけで格が上がりますし、サイジングをジャストで綺麗に保てばジャケパンであってもしっかりとドレスな雰囲気が醸し出せます。

ジャケット ¥110,000(+TAX)/Valditaro
ベスト ¥19,000(+TAX)/SHIPS   
シャツ ¥12,000(+TAX)/SHIPS
パンツ ¥35,000(+TAX)/PT01
シューズ ¥75,000(+TAX)/CROCKETT & JONES
ボウタイ ¥8,400(+TAX)/SHIPS   
チーフ ¥6,000(+TAX)/fiorio   

ジャケットはモノトーンの英国調千鳥格子でシックに。首周りにボウタイを組み込めばVゾーンも上品にまとまります。ナイロン地のベストがちらりと見えても、モノトーンでバランスが取れていれば異素材の違和感は感じさせません。ポケットにはシンプルなチーフを挿して華やかさを出すこともお忘れなく!

パンツはセンタークリースの入った細めなテーパードが理想的。ホワイトの清潔感が強調されて好感度がアップします。レングスはくるぶし丈が基本。足下はシャープな木型のダブルモンクならスマートさが演出できます。ジャケパンはカジュアル感が強いので、ドレスシューズはバランスの取りやすいシンプルなものを選ぶのが鉄則。

こちらはよりパーティ感覚を意識した遊び心のある装いです。トレンド色のボルドーをナイロンベストで差し込みつつ、ボウタイも同色でシンクロさせています。パンツも5ポケット、足下もレースアップブーツというカジュアルでかつアクティブな印象のある合わせ。パーティ色の強いカジュアルウェディングであれば、これぐらいのミックステイストの装いが逆に華やいだ雰囲気にマッチします。パンツの白が醸す清潔感、落ち着きのある暖色系ジャケットの存在感も効いているため崩し過ぎには見えません。

ジャケット ¥125,000(+TAX)/LARDINI
ベスト ¥19,000(+TAX)/SHIPS  
シャツ ¥13,000(+TAX)/SHIPS   
パンツ ¥22,000(+TAX)/TELLASON   
シューズ ¥100,000(+TAX)/Tricker's
ボウタイ ¥8,000(+TAX)/SHIPS   
チーフ ¥7,200(+TAX)/A PIECE OF CHIC   

旬なボルドーは躊躇せずに取り入れれば華やかさが増します。ナイロンベストやボウタイでVゾーンを飾るなら、ジャケットも同系の色を持った柄物をチョイス。落ち着きのあるウールやツイードといった素材感のものを羽織れば、ぐっと引き締まって装いが上品にまとまります。チーフを挿すなら赤系の合わせには実は黄色系が好相性。より明るいイメージに演出できます。

パーティウェディングなら足下はウィングチップなどの飾り気のあるレースアップブーツもありです。特にホワイトパンツに会わせるなら十分華やかさと清潔感が漂うためブーツが悪目立ちすることもありません。程よくロールアップして足下をすっきり見せつつ、艶のあるレザーを選ぶとベターです。