結婚式から二次会までの<br>服装術教えます<br>〜シャツ&タイのVゾーン攻略編〜

結婚式から二次会までの
服装術教えます
〜シャツ&タイのVゾーン攻略編〜

恒例となった結婚式から二次会までの服装術講座。今回は、パーティ形式の結婚式にスポットを当て、そこで重宝するシャツとネクタイ選び、そしてVゾーンの装いのポイントについてレクチャーします。今やカジュアル化が著しい結婚式ですが、パーティ形式であっても最低限のマナーと節度は必要。程よい遊びを加えるならVゾーンでさり気なくというのは鉄則の一つです。今回も渋谷店スタッフの原野がナビゲートします。

Part1ソリッドボウタイ×デニムシャツ生地感で遊びを加えてさり気なくカジュアルダウン

スーツ ¥83,000(+TAX)/SHIPS
ベスト ¥19,000(+TAX)/SHIPSMORE
シャツ ¥12,000(+TAX)/SHIPS
シューズ ¥32,000(+TAX)/SHIPSMORE
ボウタイ ¥8,000(+TAX)/SHIPS
チーフ ¥6,800(+TAX)/fiorioMORE
ソックス ¥1,500(+TAX)/SHIPSMORE

まず大前提としてパーティ形式の結婚式であっても、主役より目立ってしまうのはもちろんNG。遊びを加える場合でもスーツは定番の無地をチョイスします。色も無難なネイビーであれば、Vゾーンに多少主張のある装いであっても悪目立ちはしません。こちらはシャツをデニム地、そして光沢のあるボルドーのボウタイでカジュアルダウンしたスタイル例です。一見してブルー系でまとまっているため、シャツがデニム地でも全く違和感はありません。しかもライトオンスのワイドスプレットカラーというドレス仕様のシャツなら、ご覧のとおりすんなりスーツに馴染みます。それでいて適度なカジュアル感も演出できるのです。
光沢のあるウールシルクのスーツと、マットなデニムシャツのコントラストがユニークなVゾーンをアピールします。ボウタイはブルー系の装いに美しく映えるボルドーをチョイスすれば、存在感が一層引き立ちます。
柄ボウタイ×柄シャツ柄合わせを上品に見せるならスーツとトーンを合わせる

スーツ ¥83,000(+TAX)/SHIPS
ベスト ¥19,000(+TAX)/SHIPSMORE
シャツ ¥12,000(+TAX)/SHIPS
シューズ ¥32,000(+TAX)/SHIPSMORE
ボウタイ ¥8,000(+TAX)/SHIPSMORE
チーフ ¥6,800(+TAX)/fiorioMORE
ソックス ¥1,500(+TAX)/SHIPSMORE

ネイビースーツにストライプのボウタイとビッグギンガムチェックのシャツをチョイス。Vゾーンで彩りを加える場合、複数の柄を組み合わせるというのはよくある手法ですが、いくつも色を入れると一気に難易度がアップします。しかし結婚式という状況を考えるなら過度な色合わせは不要ですし、スーツとトーンを合わせるのが鉄則。逆に言えばそれが出来ていればまとまって見えるため、Vゾーンも装い全体もスタイリッシュな印象になります。こちらのようなビッグギンガムチェックのシャツはカジュアル感が強過ぎますが、スーツとトーンを合わせれば問題なし! ボウタイもストライプですがスーツと同系のブラックベースならご覧のとおり。柄合わせも嫌味に映らずにVゾーンには主張が生まれます。
ビッグギンガムチェックとストライプボウタイの大胆な合わせ。とはいえネイビーとブラック系統で統一しているためシックに見えます。ちなみに小紋柄のチーフも同様。複数の柄合わせは、まず同一トーンから始めるのが基本です。
Part 3柄アスコットタイ×バンドカラーシャツトレンドの襟型には適度な華やかさをプラス

スーツ ¥83,000(+TAX)/SHIPS
シャツ ¥22,000(+TAX)/BARENA
シューズ ¥32,000(+TAX)/SHIPSMORE
アスコットタイ ¥9,500(+TAX)/SHIPS
チーフ ¥4,500(+TAX)/fiorioMORE
ベルト ¥34,000(+TAX)/J & M DAVIDSON

今季多方面で注目を浴びるバンドカラーシャツは、上手に使えばパーティ型の披露宴や二次会でも重宝します。とはいえ華やかさに欠けるという難点もあるため、程よく装飾をプラスする必要があります。パーティなら断然アスコットタイがお薦め。そもそもモーニングコートに合わせる装飾として広まったアスコットタイですが、首元に締める面積が大きいのが特徴で、取り入れるだけでV ゾーンが途端に華やかになります。バンドカラーとは好相性で、柄物なら披露宴やパーティに相応しいアクセントが生まれます。昼間のパーティであればグレーのベーシックなスーツに合わせるのが理想的。二次会からの参加でよりカジュアルでよければノーソックスにタッセルローファーでもかまいません。
春夏注目度の高いバンドカラーシャツは本来リラックス感のあるアイテムですが、夏のパーティ形式の披露宴ならスーツに合わせるのもあり。こちらはシワ感のあるシャツで、そんな質感が涼しげな印象を与えます。首周りに総柄のアスコットタイを差し込むだけで華やかさが一気にプラスできます。
Part4柄アスコットタイ×カラーニット大胆な色で主張するなら質感に注意が必要

スーツ ¥83,000(+TAX)/SHIPS
ニット ¥34,000(+TAX)/BATONER
シューズ ¥32,000(+TAX)/SHIPSMORE
アスコットタイ ¥9,500(+TAX)/SHIPS
チーフ ¥4,500(+TAX)/fiorioMORE

二次会のパーティで華やかさとカジュアル感を上手に出したいのであれば、色に主張のあるサマーニットを効果的に差し込むというのも便利なテクニックの一つです。その際クルーネックの首周りを華やかにするには、やはりアスコットタイが重宝します。結婚式の主役を引き立てるべく、スーツを無難でシンプルなものを選べば、Vゾーンに多少主張のある色味を持ってきてもかまいません。こちらのように光沢のある鉄板のグレースーツには、暖色のオレンジ系ニットが映えます。アスコットタイもそれに合わせるように同系色をチョイス。 その際大切なのは、スーツとインナー、そしてタイの質感に上品さを意識するということ。すべてがマットな質感になるとカジュアルになりすぎるので、スーツであればウールシルク、ニットならカシミア、アスコットタイならシルクというように、光沢や滑らかさを持ったファブリックをチョイスすべきです。
光沢のあるウールシルクのグレースーツには、滑らかなカシミアニットの質感がマッチします。大胆にも主張のあるオレンジを差し込んでも質感が際立てば上品さを損ないません。インナーのインパクトが強いためアスコットタイは悪目立ちしないものがベター。同系色のペイズリーなどが理想です。