SHIPS MAG

search

フリーワードから記事を検索

SHIPS MAG

THINGS

いま知りたいカルチャー

FirST JAM HOME MADE×SHIPS JET BLUE  最新ミッキーウォッチコレクション

FirST JAM HOME MADE×SHIPS JET BLUE
最新ミッキーウォッチコレクション

はるか昔、1928年からミッキーマウスは世界中に笑顔を届けてきた。〈JAM HOME MADE〉が長年このアイコンと手を取ってきたのには、きっとそんな理由があるはずだ。〈JAM HOME MADE〉のエントリーライン、〈FirST JAM HOME MADE〉と〈Disney〉、そして〈SHIPS JET BLUE〉がこの冬贈るのは、ポップでクールな3つの時計。普段は照れくさくて言えないけど、いつも感謝しているアイツや、大好きなあの人。微笑んで欲しい大切な人の腕元に、こんな心温まるデザインを。

オールドスタイルのミッキーマウスが並ぶ、斬新な文字盤はシンプルな3針のアナログ型。ミリタリーウォッチがベースになっていて、厚みを抑えて小振りに仕上げたケースは、メンズだけではなく手首の細い女性やキッズにも似合う。NATOタイプのベルトとともにブラックで仕上げているので、着こなしを制限しないのもポイント。ブルーとブラックの文字盤のモデルは〈JAM HOME MADE〉の取り扱い店舗と〈SHIPS JET BLUE〉で展開され、ホワイト基調のものは〈SHIPS JET BLUE〉のみで扱うエクスクルーシブカラー。

各¥5,000(+TAX)。プラスチックケース、ケース径35mm、クォーツ。

−−〈JAM HOME MADE〉と〈SHIPS〉はこれまでにも色々なコラボモデルをリリースしていますが、すべて田中さんが手がけてきたんですか?

田中 いえ、これまでに僕以外にも何人かのバイヤーが関わっています。〈JAM〉さんは〈SHIPS〉ではブランドの立ち上げからお付き合いさせてもらっているので、うちの歴代バイヤーが代々、担当させてもらっている感じです。

ーーなるほど。一方で〈JAM HOME MADE〉と〈Disney〉も人気のタッグですけど、そこに〈SHIPS JET BLUE〉が加わるようになったのには、何かきっかけがあったんですか?

田中 これという特別なきっかけがあったわけではないんです。ただ、最近ファッションの色んな部分が飽和しているように感じていて、人気のミッキーマウスは当然アイテムもすごく多いじゃないですか。だけど、それでもまだ新しい提案はできるんじゃないかと思って、今回は僕たちも参加させていただきました。

ーーできあがったモデルはどこかトイウォッチに近いキャッチーさがありますね。

田中 はい。今回はギフトシーズンということもあって、より気軽に着けられる、言ってしまえば少しオモチャっぽい感覚を意識しています。

ーーでも、街のお洒落な人たちを見ていても、昔は当たり前だった“背伸びをして高級時計を着ける”っていう流れは変わってきていますよね。

田中 それは常々感じてます。特に感度が高い若い世代の人たちにとって、時計って別になくてもいいものなんだと思うんですよ。そう言う僕自身、特別なタイミングで自分へのご褒美として買う以外は、あまり高価な時計に手を出すことはないですし。でも、こういうリーズナブルな時計なら気軽に買えるし、人にも贈りやすくて、貰って嬉しいアイテムだろうな、って。今の時代に合った、人に贈りたい、贈られたい時計を作りたかったんです。本命の人にはもちろん、これなら義理でも贈りやすいじゃないですか(笑)。

ーーそうですね(笑)。このミリタリーウォッチ型にしたのはなぜですか?

田中 できるだけベーシックなデザインにしたかったのと、汎用性を高めて色んなスタイルの人に似合うようにしたかったからです。NATOベルトって、どんな服にも靴にも合わせやすいと思うんです。もちろん、メタルバンドに変えて楽しんでくれる人がいてもいいかなと思っています。

ーーミッキーマウスをフィーチャーしたのも、万人が着けられることを意識してですか?

田中 はい。ミッキーマウスって、老若男女みんなに愛されてるキャラクターじゃないですか。それを着ける人がベルトの付け替えをしたり、服装に合わせて自由に楽しめるようにしたかったんです。

ーーミッキーマウスのレイアウトの仕方が新鮮ですね。

田中 シンプルに文字盤の真ん中に配したデザインが多い中で、複数のミッキーマウスが入るデザインっていうのは珍しいし、あえてドンズバなものから外したかったんです。そこには、〈JAM〉さんの遊び心もあると思います。

ーー確かに贈り物として遊び心があるし、眺めるだけでも楽しいデザインですね。プレゼントって難しいですもんね(笑)。

田中 そうですね(笑)。このミッキーウォッチの魅力は、着ける人によって色んな楽しみ方ができることに尽きると思います。やっぱりミッキーマウスは偉大ですよね。彼氏に友達に子供に……っていう風に、贈ってもらえたら嬉しいですね。

photograph:Hitomi Hozumi(still),Shota Kai(model)
edit&text:Rui Konno
 cooperation:Ryuta Meguro

To My Dear GIFT CATALOG

大切な人への“想い”が見つかるギフトカタログ

RECOMMEND STYLE

この記事を読んだあなたにオススメのスタイル

PAGE TOP