SHIPS MAG

search

フリーワードから記事を検索

SHIPS MAG

THINGS

いま知りたいカルチャー

話題のスポットにNEW OPEN! liflattie ships ららぽーと立川立飛店 潜入レポート!

話題のスポットにNEW OPEN!
liflattie ships ららぽーと立川立飛店 潜入レポート!

西東京エリア初の「ららぽーと」として昨年12月にオープンした「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」。その2Fに店舗を構えるliflattie shipsの様子をレポートします。今シーズンのおすすめアイテムのほか、施設内のお気に入りスポットも紹介してもらいました! お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

「三井ショッピングパーク ららぽーと立川立飛」は、JR中央線「立川」駅から多摩モノレール線で2駅の「立飛」駅と新設の連絡ブリッジで直結した、西東京エリア最大級のショッピングセンター。高い空と豊かな緑に囲まれた開放感のある空間が魅力です。モールには多種多様な250もの店舗が出店し、ショッピングや食事だけでなく、「音楽」「文化」「子育て」をキーワードに多彩なサービスを提供してくれます。

芝生の公園でくつろぎの時間を。

どこにいても自然を感じることのできる、いつも訪れたくなるような“居心地の良い空間”を…との思いから作られた施設です。子供達に人気の雲型遊具を公園内に設置していたり、テラス付きレストランを公園の周囲に配し、公園の緑や子供達が遊ぶ姿を見ながらくつろげる空間としました。 暖かくなったら、芝生の公園でのんびり過ごすのもおすすめです。

liflattie ships ららぽーと立川立飛店では「エイジレス&エフォートレス」をテーマに、世代を決めず、リラックスして肩の力を抜いた、ライフステージに合わせたファッションを提案しています。広々とした清潔感のある店内には、シーズンテーマである「フレンチカジュアル」「マリン」をベースにしたアイテムがラインナップ。

ウェアからシューズ、バッグなどのグッズ類、アクセサリーなども揃います。また、SHIPS Daysが隣接しているため、ライフスタイルと合わせて両店を通して商品のご案内をすることも。

施設が郊外に位置することもあり、ファミリーのお客様も多く来店するのに合わせ、SHIPS KIDSも取り扱っています。1人ではもちろん、カップルでもファミリーでもショッピングを楽しむことができます。

ゆったりランチもできて、本や雑誌を見ながら情報収集もできる穴場カフェです。セルフサービス形式のカフェですが、カップのスリーブにさりげなくイラストを描いてくれたりする心遣いも嬉しく、リフレッシュできるのでお気に入りです。

「新鮮な野菜やこだわり調味料など、お料理好きの私が仕事の休憩中についつい寄ってしまうショップです。地元立川の農家さんの野菜が安くて、見ているだけでもわくわくする品揃えです。」

淡いカラートーンが春らしさを演出してくれるコットンベースのニット。シンプルなデザインながらも前後差のある裾のラインがポイントで、トレンドのボリュームボトムとも好相性。夏以外のロングシーズン着られます。
セーター¥11,000(+tax)/ liflattie shipsMORE

人気のリバティプリントのブラウスは、一点投入するだけで春気分がアップするアイテム。まだ肌寒い時季にはスプリングコートに合わせて春を先取りして。夏は1枚で爽やかに着こなしたい。
ブラウス¥11,000(+tax)/ liflattie ships

旬のワイドシルエットの9分丈パンツは、フロントの合わせが斜めになっていて着用時のシルエットがとてもきれい。ハリのある上品な生地を使用し、きれいめにもカジュアルにもマッチします。
パンツ¥14,000(+tax)/ liflattie ships

photo

liflattie ships ららぽーと立川立飛店

住所:東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛 2F
TEL:042-540-7041
営業時間:10:00~21:00

RECOMMEND STYLE

この記事を読んだあなたにオススメのスタイル

PAGE TOP