SHIPS MAG

search

フリーワードから記事を検索

SHIPS MAG

PEOPLE

いま会いたい話題のひと

石川直宏選手が柳貴博選手とお買い物?

石川直宏選手が柳貴博選手とお買い物?

新たなシーズンを迎え、FC東京にも期待のルーキーたちが新加入。しかし、プロになればサッカー以外のことにも気を配れるような大人にならなくてはいけない。ということで、今回はFC東京の無類のボーダー好きおしゃれ番長としても知られる石川直宏選手が、まだ18歳の柳貴博選手にファッション指南! まずは当日の様子からスタート。

photo
photo
photo
photo
photo
photo
photo
image
image

これからの季節にぴったりだし、シワ感のあるコートは軽さも出てやっぱりイイね! 色味も似合ってるし、着られてる感じもないし、無理している感じもない。個人的には、ラクでパッと履けるスリッポンもお勧めです。

コート ¥25,000(+TAX)/SHIPSMORE
シャツ ¥13,000(+TAX)/SHIPS
パンツ ¥27,000(+TAX)/grown&sewn
シューズ ¥17,000(+TAX)/SHIPS
バッグ ¥11,000(+TAX)/AMIACALVAMORE
ベルト ¥9,000(+TAX)/SHIPS

photo

石川 普段はどういう場所で洋服を買っているの?

柳 練習場の近くに住むまでは渋谷が多かったですね。基本的には海外のファストファッションが多いです。今の家にはあまり服を持ってきていないですし、練習の移動はもっぱらスウェットです。プロになったのでピシッとしたものも着たいんですけどね、慣れていないので遠慮してしまうんですよ。

石川 今日着てきたシンプルな感じとか、自分が若いときよりもしっかりしてるよ。それに年齢的にも無理してジャケットやスーツを着る必要はないと思うし。でも、遠征で人前に出たり、サッカー選手として注目されることもあるから、どこに行っても間違いのない服装っていうのがあると便利だよ。そういうときに悩みすぎないためにもね。

柳 そうですよね。でも、石川さんのおかげでひとつできました(笑)。本当にありがとうございます!

石川 いやいや。でも、腕が長くて肩幅が広いから大変だよね。俺はそういう苦労がないから。

柳 羨ましいです。

石川 ファッションって本当にサイズが大事だと思うんだよ。それは着心地、フィット感、バランス感と同じ意味だから。着ている自分が気持ち悪いと、いくら高額なものを無理して買っても着なくなっちゃう。逆にいえば、フィットしたものに出会えることは喜びだし、それこそ買い物の醍醐味だよ。

柳 自分に合うブランドを探してみます!

石川 あと、日焼けしているから明るい色のものは相性がいいと思うよ。好きな色とかはあるの?

柳 FC東京だからというわけでなく、青と赤が好きなんですよ。

石川 素晴らしいね(笑)。あとチェック柄のシャツも似合いそう。

柳 チェック柄は昔着ていたんですけど、いまは白かネイビーしかなくて。

石川 今後してみたいファッションとかある?

柳 お世辞ではなく、いつもサラッとおしゃれをしている石川さんが理想なんですよね。普段はラフなスタイルが多いので、少しずつ大人な服装にもチャレンジしていきたいです。今回で色の合わせ方も勉強になりましたし、なによりオシャレ心に火がつきました。これからいろんなショップを知っていきたいですし、自分のワードローブをもっと広げて行きたいと思います!

石川 うむ、では最後におしゃれ3カ条を伝授しよう。

photo

FC東京を応援しに行こう!

4月開催ホームゲーム

2016明治安田生命J1リーグ 1st ステージ第5節 4/2(土)
vs名古屋グランパス 16:00キックオフ <味の素スタジアム>

2016明治安田生命J1リーグ 1st ステージ第7節 4/16(土)
vs川崎フロンターレ 15:00キックオフ <味の素スタジアム>

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ第5戦 4/20(水)
vs全北現代モータース 19:30キックオフ <東京スタジアム>

2016明治安田生命J1リーグ 1st ステージ第9節 4/29(金祝)
vsアビスパ福岡 17:00キックオフ <味の素スタジアム>


※「東京スタジアム」とは、ネーミングライツにより普段は「味の素スタジアム」という名称で親しまれているFC東京のホームスタジアムです。国際大会などではスポンサーの関係で「東京スタジアム」と表記されます。

ぜひ会場でのご声援をよろしくお願いいたします!

FC東京 OFFICIAL SITE
http://www.fctokyo.co.jp/

RECOMMEND STYLE

この記事を読んだあなたにオススメのスタイル

PAGE TOP