MORE
着こなし上手なスタッフを支える趣味を紹介!

着こなし上手なスタッフを支える趣味を紹介!

SHIPS MEN

ショップスタッフのなかには、趣味を大事にしながら働いている者も多い。仕事とは別の視点を持つことで、それがコーディネートやお客さまとの交流に生かされることも。今回は、毎日仕事前にランニングを楽しみ、月に約1回のペースで大会に出場しているという渋谷店スタッフ井上康訓のライフスタイルを追った。

7:30 起床
8:30~9:30 約10kmランニング
出勤
11:00~21:00 仕事
帰宅、晩酌(晩酌せずに走ることも)
24:00 就寝

禁煙をすると太ると周囲から聞いていたので、7年前の禁煙時からランニングをスタート。その際に、どうせ走るなら東京マラソンを目指そうと頑張ったという。結局、1年目は抽選に外れたものの2年目で念願の東京マラソンに出場。現在は、走ることがクセになっており、走らないとココロもカラダも落ち着かなくなっているとか。ちなみに、始める前に比べて体重は7kgも減った。

Running

休日は陽が出ている間はずっと走っています。
家の近所にある陸上競技場か河川敷まで走って、ストレッチをしてから本格練習。20~30kmは走りますね。その後に筋トレをして、帰りは歩いて帰ります。4歳と7歳の子どもがいるんですけど、僕が休みの日に走ってばかりなので嫁にはよく怒られますね(笑)。フルマラソンでの自己ベストは2時間57分。ランナー仲間と駅伝に出たり、10km程度の小さなレースに出たり、いまは月に1回程度何かしらのレースに参加しています。でも、やっぱり東京マラソンは別格ですね、沿道の応援が途切れることなく続くので心強いですし気持ちよく走れるんです。

Work

仕事中は常に腹筋に力を入れて鍛えています(笑)。
走りが仕事に生きていると感じるのは、季節の移り変わりを敏感に感じることですかね。季節の空気感を大事にながら、お客さまへの商品提案をおこなっている。また、ランニングで知り合った仲間が買い物をしに来てくれたり、お客さんと趣味の話で盛り上がったりする点もいいですね。最近は走っているスタッフも増えてきたので、一緒にレースへ出ることもありますよ。そうやって、いろいろなつながりができるのも魅力です。

シューズは店で買ったナイキのフライトニットルナです。お気に入りといったら、TIMEXのアイアンマン。何よりタフなのがいいですね。機能的にはストップウォッチと防滴機能くらいですが、アナログとデジタルの両方表示されるので見やすくて使いやすいです。

ONLINE SHOP

RECOMMEND オススメの記事

  • ALPHA×SHIPS GENERAL SUPPLY特別対談 10年間続くコラボレーションの魅力
    SHIPS GENERAL SUPPLYのラブコールから始まったALPHAの別注...
  • ますます見逃せない! 5シーズン目を迎えたAWAKE NY
    NYストリートシーンの最先端で活動する実力派デザイナー、Angelo Baque...
  • お気に入り服をオシャレにお直し! 人気スタイリストが営むSARTO二子玉川店
    メンズファッション誌や、文化人のスタイリングなどで活躍する大西陽一さん。ベテラン...

POPULAR 人気の記事

  • ar笹沼編集長に直撃インタビュー!  「ウワサの“雌ガール”の正体とは?」
    今回は「雌ガール」という言葉を生んだ、雑誌arの編集長笹沼さんにご登場いただきま...
  • SHIPSでしか買えないウールリッチの別注ニュー アークティック パーカ!
    ウールリッチの新定番「ニュー アークティック パーカ」に、伝説的生地である「バー...
  • JAM HOME MADE 増井元紀の視点
    SHIPS JET BLUEのスタート時から展開があり、いまでは蜜月の関係と言っ...