MORE

結婚披露宴~二次会まで パーティでの服選び術を教えます! Part.3

SHIPS MEN

結婚式の招待状が届いた日から、あれこれ悩んでしまうパーティファッション。もっとも気を付けたいのは、主賓の職業や会場の雰囲気に服装を合わせること。また、自分がどの立場で呼ばれているのかも重要です。
今回は、秋冬のトレンドを踏まえて「英国スタイル」を提案。伝授するのは、SHIPS全店で5人しかいない販売専門職の肩書きを持つ、この道30年のスタッフ五十嵐です。


英国はファッションと切り離せない伝統国。これまではイタリアやアメリカのトレンドを意識したスタイルを提案してきましたが、今回はブリティッシュなフォーマルスタイルを紹介します。
ポイントは、英国の生地を使い、英国のスタイルで作られたスーツを選ぶこと。英国スタイルとは主に、チェンジポケット、裾がストレートのパンツ、肩パッドがしっかり入り、ラペルも広めといった特徴が挙げられます。また、シャツにタブカラーを選ぶと英国らしさが引き立ちます。
今回は、同じチョークストライプのスーツから、ネイビーとグレーの2種類を選びました。ベースの色を変えることで、雰囲気も違って見えることがわかって貰えると思います。

今回はチョークストライプの生地を選びましたが、英国には4つの代表的な柄があります。 それは、チョークストライプ、グレンチェック、ハウンドトゥース、ウィンドーペ―ン。 このなかでもクラシックな雰囲気が生まれるのが、チョークで書いたような線が特徴のチョークストライプです。

チョークストライプ/グレースーツ

スーツ ¥89,250/SHIPS
シャツ ¥23,100/Errico Formicola
シューズ ¥63,000/CROCKETT & JONES
ネクタイ ¥11,550/SHIPS
チーフ ¥2,940/SHIPS  
ベルト ¥10,500/SHIPS  

チョークストライプ/ネイビースーツ

スーツ ¥89,250/SHIPS
シャツ ¥23,100/Errico Formicola
シューズ ¥72,450/CROCKETT & JONES
ネクタイ ¥11,550/SHIPS
チーフ ¥2,940/SHIPS  
ベルト ¥10,500/SHIPS  

ここで使用している生地は、サキソニーという生地にチョークストライプをのせたもの。チョークストライプの味わいがよく出る定番生地といえばフランネルですが、このサキソニーというのはそれよりも毛先を少し寝かせているのが特徴です。フランネルよりもライトな風合いですので、秋冬を通じて着用することができます。

英国スタイルの特徴は、落ち着いたスーツを選びながらVゾーンを派手にして魅せる点にあります。ロンドンの金融街であるシティのビジネスパーソンがその代表例で、彼らはシャツにこだわります。なかでも人気が高いのがクレリックシャツで、そこにアピール度の高い柄のネクタイを合わせるのが流儀です。
タブカラーシャツも人気で、これは今年トレンドの小紋柄との相性がいいですね。その他、ストライプやドットなどクラシックなデザインのほうが映えます。また、ワイドストライプはあまりに合わないので注意したいところです。

この秋冬の結婚式2次会は、柄×柄のコーディネートを提案したいと思います。一見、難しそうに思えますが、色数さえ増やさなければ、簡単に合わせることができるので挑戦してみて欲しいと思います。 スーツがストライプの場合、ストライプやチェック柄のシャツならどんなものでも合うと思います。どちらも直線が使われていますから。その場合、ネクタイは小紋柄やペイズリーなど直線的でないものを選ぶのがいいと思います。無地のネクタイという選択もありますが、ベーシックになりがちですよね。 Vゾーンで遊んだら、チーフはあえて艶感のあるフォーマルなものにして引き締めるのがいいと思います。

チョークストライプ/ネイビースーツ

スーツ ¥89,250/SHIPS
シャツ ¥15,750/SHIPS
シューズ ¥72,450/CROCKETT & JONES
ネクタイ ¥14,700/BREUER  
チーフ ¥6,930/Nicky
ベルト ¥10,500/SHIPS  

チョークストライプ/グレースーツ

スーツ ¥89,250/SHIPS
シャツ ¥15,750/SHIPS
シューズ ¥63,000/CROCKETT & JONES
ネクタイ ¥13,650/Errico Formicola
チーフ ¥6,930/Nicky
ベルト ¥10,500/SHIPS  

先ほどお話ししたように、英国スタイルで重要なのがVゾーンの遊び。披露宴よりも堅苦しくない二次会では、シャツで遊ぶのが面白いと思います。
SHIPSの新作シャツは、トーマス・メイソンの生地を使用した本格派。いまはイタリアの会社の傘下にありますが、もともとは英国の老舗生地メーカーです。細番手の糸を高密度で織っているので、コシがあって発色もきれいなのが特徴です。
英国のシャツの特徴は、襟が小さく、前立てがあり、袖口がスクエアになっているところ。このシャツもまたそんな英国スタイルをすべて盛り込んでいます。

ビッググラフチェックシャツ ¥15,750/SHIPS
グレンチェックシャツ ¥15,750/SHIPS
ギンガムチェックシャツ ¥15,750/SHIPS
グラフチェックシャツ ¥15,750/SHIPS
ロンドンストライプシャツ ¥15,750/SHIPS

ONLINE SHOP

RECOMMEND オススメの記事

  • ユニオンワークスで靴を修理してみた
    レザーシューズ好きには、すでに広く知られている靴修理のプロショップ『ユニオンワー...
  • Landscape Products中原 慎一郎が描く STUDY SHIPSの“景色”
    今年3月にSHIPS渋谷店で始まった『STUDY SHIPS』。これは、YAEC...
  • PRESS RECOMMEND 気分は、トラッドな英国タイ♪
    「ブリティッシュトラッド」をテーマにしている今シーズン。私が注目しているのは、ヴ...

POPULAR 人気の記事

  • ユニオンワークスで靴を修理してみた
    レザーシューズ好きには、すでに広く知られている靴修理のプロショップ『ユニオンワー...
  • 結婚披露宴~二次会まで パーティでの服選び術を教えます! Part.3
    結婚式の招待状が届いた日から、あれこれ悩んでしまうパーティファッション。もっとも...
  • PRESS RECOMMEND+ SHIPS史上、最高のドレスシューズが完成しました。
    今回、リコメンドするアイテムは2013年秋冬からSHIPSオリジナルとして展開す...